会社概要 施設・設備 採用情報 地図 お問合せ
 
 
日本畜産振興株式会社は、世界の子供たちに安心で、安全な世界を作るためのしくみを作っています。

食の安全はもちんろんのこと、教育の部分にも力を注いでいます。
民営だからできる小回りの利く対応で、日本だけではなく世界に適した人材教育 を行っています。

NCSで学んだ事を母国で活かしてもらう事が我々としても世界としても必要なことだ と考えます。
この技術を伝えることで安心で安全な食生活と信頼のある社会を築くことで、安定 した職を提供していけるのではないでしょうか。

我々NCSが考える食と職の安全はこれからの未来を担う子供たちを大切に育てて いくことと感じています。
アジア全体の事を考え、まずは中国、タイ、フィリピンに良い豚を作る技術を伝えています。

NCSでは母国に帰ってからもできる独自システムを考えて未来の子供たちの為に取り組んでいます。

豚はストレスに敏感な生きものですから、熱さ、寒さにも影響を受けます。
良い豚を作るには良いエサを作らなければなりません。

各国の気候や風土に合ったエサを作る事、リサイクルが可能な副産物の研究開発を行うことで地球にやさしい、エコフードが生まれます。

各国でより良いものをその国で作ることで生産性が生まれ品質の良いエサが出来上がり、より良い豚が育っていきます。

生産者と消費者への架け橋となるべく、信頼ある品質の良い食肉を生産し続けています。
TOP会社概要施設・設備採用情報地図お問合せ
Copyright 2009 NCS Corporation